読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BASSO memo

ブログ兼備忘録としてのメモ帳みたいなものです

文字

意外に思われるかもしれませんが…、


実は、僕は文章を書く(打つ)のがあまり得意ではありません。

本当です。


自分の書いた文章を見直しても、何が言いたいのだろう?と、
まるで他人事のように思ってしまうことも多々あります。


長文が多いので、焦点がボヤけるのかもしれませんね。



ただ、長文になってしまうのには理由(言い訳)があります。




僕は普段から、文章を書くときに『顔文字・絵文字』の類いを極力使いません。

使えません、が正しい。



日本で生活する30代後半の人間にしては、
異様にアナログ数値の高い男なので、

文字文化がもっぱら紙媒体の人で、
暗号にもとれる顔文字は、
ちょっと自分が使うには抵抗(照れ)があるのです。


使ってもケータイに最初から入ってるような基本のものだけ。


だから、文字を装飾しないと淡白。

若しくは予想だにしない、
別の読み取り方をされかねないのです。


内容によっては諮らずも、
人を傷つけてしまう事だってあります。


つまり僕の長文は、

文章を他の受け取り方が出来ないまでに、
情報を詰め込んだ結果、に過ぎないのです。


それでも誤解を受けそうな場合は、
予め文章に保険をかけておきます(笑)

僕自身、文才があるとは思わないので、
ここまで回りくどい。


文才がある人というのは、
如何に短い文章でフォーカス絞って表現できるのかを知ってる人。

と、僕は思っています。
平たく言えば『スマート』ですね。

そんな書き方ができる人を心の底から尊敬します。



だけど僕は、
文章を書く上で、
文才があろうが、なかろうが、
絶対無くしちゃいけないと思う部分は、
ちゃんと意識しています。


文章はあくまで文章。

知識や薬、癒しや愛にはなれど、
決して武器にだけはしてはならない。


これだけは、
どのタイミング
どの形態(仕事のレポートでも)
どの人にでも、


決して冒す事の無い、
不文律として、

この駄文をはじめとする、
僕の書く文字の羅列、
全てに纏う服のようであればいいなと思います。


願わくば、

この文を読んでくれた方の心が皆、
穏やかに過ごされますように。





愛を込めて!!!
❤❤❤\(≧▽≦)/❤❤❤



……台無し。
でも、やっぱり便利なんだよなぁ…(笑)