読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BASSO memo

ブログ兼備忘録としてのメモ帳みたいなものです

情報開示 其の3 (追記あり)

さぁ、リセットして参りましょう(笑)

ちょっと『てんこ』に引っ張られ過ぎてキャラが定まりません。

クセになりそうで、深入りは禁物な世界だと思いました(笑)



さて、『情報開示 舞台裏2』の最後に軽く触れさせてもらいました、もう一人のメンバーを、
今回は紹介させて頂こうかと思います。

どうぞ、お付き合いください。





『FUJITA (フジタ)』



f:id:r_tencho:20170402001509j:plain



3月1日生まれ。

十代後半の時、地元でアルバイトをしていたコンビニで、ten simsと出会う。

当時、メインでギタリストとして活動していたバンドが既にあったが、

tenの拉致にも近い勧誘と脅迫を受け、
結果、掛け持ちという形でギターを弾く羽目になった哀れな男。


その後、メインのバンド、tenのバンド、

共に解散する事になるが、その後も腐れ縁として、
以降、十数年に渡りtenに、
事ある毎に振り回される事となる。


ルックス、性格共に見間違う事なく草食男子なのだが、

音楽趣向は生粋のメタリオンであり、
その安定したプレイと音楽専門学校出身の知識で、メンバーからの信頼も厚い。

その反面、草食系の性格ゆえの引っ込み思案で、
LIVEの最中にMCを振られると、
とたんにテンパる為、毒にも薬にもならないトークで、よくオーディエンスから失笑を買う。


少し前に参加していたバンドを辞めた(解散した)理由が、
当時のボーカルがMCの中で話題に挙がった数学のトークで、

7の2乗(正解は49)を「14!!」と全力で答えた為、
という噂もあるスゴいヤツ。


一時期ヴィジュアル系バンドを経て、
直近ではハードロックからガレージ、シューゲイザーと多種多様な音楽ジャンルをこなす器用な人。


今回のバンドでは、その特殊な形態ゆえの苦労(主にtenの無茶な要求)のせいで、
眠れない日々が続いている。


ハイパーヨーヨー2段という謎の資格保持者。





こんなところです。
典型的な弟気質(長男のクセに)ですので、機会があったら可愛がってあげてください(笑)


追記。
FUJITAが以前やってたバンドの曲です。
よかったら聴いてみてください。

シーフレテック/コスモロジー

https://youtu.be/T2-jtmhR3UE


さて、次項ですが、
いよいよ、ようやっと、
バンドそのものの紹介へと進もうかと思います。

多分、皆さんの中では海のモノとも、山のモノともつかない話かと思いますが、

きっと海のモノとも、山のモノともつかないバンドだと思います(笑)

どうぞ、もうしばらくお付き合いください。



では次項で、またお会いしましょう。
ウフ❤(アレ!?)